自分の強みがわからない人へ-強みの見つけ方について解説

自分の強みとは?あなたの強みの見つけ方 自己啓発
物理苦手君
試験で面接があるんだけど、自分の強みって絶対聞かれるよね…
はなたか
定番の質問だからね。面接官も君がどんな人か知りたいから、ほぼ間違いなく聞いてくると思うよ。
物理苦手君
え~…でも強み何かないよ・・・どうしたらいい??

今日は『自分の強み』について考えてみましょう。

強みがわかりません、という人が非常に多いです。

しかし私も就活のときにこの質問をされましたし、今でも部下の面談で絶対聞くことにしています。

これは生きていく上でも、仕事をしていく上でも非常に重要なことだからです。

強みが見つからない人に、その見つけ方を4つのStepで解説します。

強みの見つけ方4ステップ
  1. 強みの意味を考え、ハードルを下げる
  2. 性格的な強みとスキル的な強みを分ける
  3. 短所の見方を変える
  4. 過去を振り返る

また、強みの必要性についても解説していますので、強みが無くてもいいやと感じている会社員の皆さんは、読んでいただいて参考にしていただきたいです。

本記事をおススメする人
  • 自分の強みが分からない人
  • 強みを知るメリットが分からない人

自分の強みを見つけるためには

 

『強み』の意味を考える

強みとは、その人の長所ですね。

この強みが書けないというのは、 ハードルを高く上げすぎている可能性があります

強みとは 『誰かと比較して』秀でているポイントです。

この 『誰か』をどのように設定するかが超重要です。

就職活動で面接に来ている人たちの多くは、あなたと同じく自分の強みがわからない人が多いのです。

『平均的な人と比べて長所を探す』、ということをやってみましょう。

性格的な強みとスキル的な強みと分ける

性格的な強みとは、粘り強いとか、熱意があるとか、精神的なものです。

スキル的な強みとは、プログラミングができるとか、営業力があるとか仕事に直結する強みです。

スキル的な強みはある人はすぐに見つかるし、無い人はありません。

一方で性格的な強みは、見方を変えることで誰でも見つかります。

この2種類に分ける理由は、場面やその人のステージによって重視される強みが変わるからです。

新卒の面接など、若手の方は性格的な強みが重視され、

中堅社員の転職や、今後のキャリアを考える上ではスキル的な強みが重視されます。

短所の見方を変える

自分の強みがわからない人の多くは、『短所ならいっぱいある』と答えます。

しかし、 短所の中には、見方を変えることで長所となることがあります

例えば、『何事も飽きやすく続かない』、という誰が聞いても短所のようなものは、見方を変えると、

『見切りの判断が良く、フットワーク軽くいろんなことにチャレンジできる』と、

行動力があふれている表現になりますよね。

よくある例を下記にまとめますね。

  • 飽きやすい⇒フットワークが軽い
  • 臆病、ビビり、ネガティブ⇒慎重で堅実
  • 繊細、気弱⇒優しく他人のことを思いやれる、協調性がある
  • 神経質⇒細かい作業が得意、ミスが少ない
  • 頑固 ⇒意思が強い
  • おおざっぱ⇒全体を効率よく見れる

過去を振り返る

これは誰もが絶対にしなければいけないですし、既に過去を振り返った人も多いでしょう。

しかし、先ほどのようにハードルを下げた状態で、短所をひっくり返したりすると、振り返ると意外と新しい強みが見えてきませんか?

自分が熱中したことや、続けてきたこと、やってきたことを振り返って、平均点以上とれることはありませんか?

強みが見つかった人へ

新卒の面接の場合

冒頭の物理苦手君のように、面接対策であれば、 面接官にとってもメリットになるような強みを伝えましょう

自分の強みが相手の求めるものと一致すれば、Win-Winの関係になってお互いハッピーですね。

甲子園に出るほど野球が上手い!!という強みをラーメン屋の面接で伝えても落とされるだけです。

相手が求めているものをしっかりと想像して伝えましょう。

新卒の面接では、スキルを持ってて即戦力という人材を期待していません。

大企業では『即戦力がいたらいいな』、というのが現実ですので、性格的な強みをアピールしてがんばりますという熱意を伝えるのが大事ですよ。

大企業の採用枠は百人を超えることも多いので、そんなに多くの新卒の即戦力は集まりません。

キャリアを考える場合

キャリアアップなどで、自分の強みを生かせる仕事を探している場合もあるでしょう。

こういう場合は、性格的な強みとスキル的な強みとしっかり分けて考えましょう。

協調性がある、粘り強いなどの性格的な強みは、転職活動の面接などではそれほどプラスになりません。

企業が中途入社で求めているのは、基本的にはスキル的な強みです。

しっかりと自分の積み上げてきたスキルの棚卸をして、お互いがWin-Winになれるようにしましょう。

実際の社会人はどうか

私はいろんな部下を面談してきて、自分の強みはあるか?と聞いてきました。

その質問の結果、強みなんてない、と9割の人が答えました。

5年以上同じ企業で勤務していても、自分の強みを認識していないというのが現実のようです。

1割くらいは『自分はこれを頑張ってきたからこれが強みです』と答えてくれるのですが、それでも1割程度です。

学生のみなさん、安心してください。

先輩社員は強みがなくても働いているのです。

強みの無いことへの危機感

しかし、社会人の場合、強みが無いということに対して、危機感を持つべきです。

最近の時代の流れで、終身雇用の崩壊、40代でのリストラ、ジョブ型雇用が流行ってきています。

これらの対称になるのは、強みが無い人間です。

強みが無い状態で40歳を迎えリストラ対象になると、かなりのハードモードの人生が待っているでしょう。

学生のうちからスキル的な強みが必要かと言われれば、必ずしも必要ではありません。

しかし、社会人になって勉強せずに大企業であぐらをかいていると痛い目にあいます。

社会人の週の平均勉強時間は6分とか7分だとか・・・

そんな有名な話もありますが、決して流されることなく、自分の強み、特にスキル的な強みを社会人になったら身に付けていきましょうね。

まとめ

強みについて解説しました。

私の経験上、社会人でも自分の強みを認識している人は少ないです。

これからの時代、自分の強みというものにはしっかり向き合い、自分のキャリアは自分で守りましょう。

強みの見つけ方について解説していますので、参考にしていただければと思います。

  • ハードルを上げすぎず、性格的な強みとスキル的な強みに分けること
  • 性格的な強みは短所をひっくり返すことで強みになることが多いです

自分のキャリアプランをデザインできるようにしましょう。